虫垂炎(盲腸)|渡町台外科病院|大分県佐伯市|内科、外科、肛門科、循環器科、消化器科

電話番号:0972-22-7500

交通アクセス

虫垂炎(盲腸)|外来案内

  1. HOME
  2. 外来案内
  3. 虫垂炎(盲腸)

虫垂炎(盲腸)

虫垂炎(盲腸)

虫垂とは、大腸のはじまりの部分(盲腸)から出た、ひも状の突起です。
虫垂炎は、この突起部分に細菌感染が起きて炎症を起こすことで、腹痛や発熱などの症状が起きる病気です。ひどくなると、腹膜炎の状態になります。

虫垂炎(盲腸)の症状

代表的な症状は、上部と右下腹部の激痛です。発熱があることもあります。
最初は軽い痛みを感じることもありますが、数日で激痛に変わります。

虫垂炎(盲腸)の治療法

虫垂炎(盲腸)の治療方法は、内科的治療と外科的治療の、大きく2つに分かれます。

  • 内科的治療:投薬療法
  • 外科的治療:手術=虫垂切除術

内科的治療

ごく初期の虫垂炎の場合は、抗生剤の投与や食事制限などの内科的治療を行います。

外科的治療

炎症が強く腹膜炎を起こしている場合や、穿孔(破裂)を起こしかけている場合は、外科的治療を行います。

当院では、腹腔鏡下虫垂切除術を行っています。
腹腔鏡を使った手術は、傷が小さく、皮膚の縫合もないため抜糸の必要がありません。
手術後に、歩いたり食事を摂ったりできるようになるまでの時間も、開腹手術に比べて早く、身体への負担が少ない手術といえます。

病院紹介

渡町台外科病院

0972-22-7500

〒876-0813
大分県佐伯市長島町3-13-12

詳しくはこちら

診療時間
午前 8:30~12:00
午後 14:00~17:30
休診日
木曜午後、日曜・祝日
診療科目
内科、外科、肛門科、循環器科、消化器科
痔外来、乳がん検診、巻き爪治療、各種手術、各種予防接種

  • 医療関係者の方へ