巻き爪治療|渡町台外科病院|大分県佐伯市|内科、外科、肛門科、循環器科、消化器科

電話番号:0972-22-7500

交通アクセス

巻き爪治療|外来案内

  1. HOME
  2. 外来案内
  3. 巻き爪治療

巻き爪治療

巻き爪で痛くて歩けない、何度も巻き爪になってしまう方へ

巻き爪とは、ハイヒールや靴のサイズ、深爪、年齢など様々な要因で起こります。
最初は見た目だけの問題ですが、進行すると、爪が皮膚に食い込んで、歩くたびに激しく傷んだり、化膿してしまうことがあります。
症状がひどくなればなるほど、治りにくくなってしまいますので、巻き爪の症状に気づいたら、早めに治療をはじめましょう。

巻き爪の治療方法

巻き爪の治療には、さまざまな方法があります。
当院では、手術をしない保存療法を基本としていますが、症状がひどい方には手術にも対応しています。

保存療法

コレクティオワイヤーによる巻き爪治療

爪の形をもとに戻すよう矯正していく方法のことです。コットンパッキングやワイヤーを使った方法で爪の形を矯正していきます。ワイヤー矯正を行う場合、当院では軽度の方から重度の方まで対応できるコレクティオワイヤー法を採用することが多いです。

手術療法

原因となる爪の一部を切り取る方法のことです。健康保険で行います。

コレクティオワイヤー法

短期間で痛みもなく、巻き爪の矯正ができます。

深爪が原因の「陥入爪」や異常に湾曲してくる「巻き爪」を、チタン製のワイヤーを使って治療します。
当院ではドイツで巻き爪治療に頻用されているワイヤー矯正法(VHO法)を新たに改良した「コレクティオワイヤー法と」いう巻き爪の治療方法を採用しています。

爪の両端にワイヤーを引っ掛けねじり上げるだけなので、痛みもなく、短時間で施術ができ、親指の爪以外の幅の狭い爪にも治療可能です。ワイヤーを安定させるプレートやコーディング部が小さく、見た目にも美しい矯正具です。

コレクティオワイヤーによる治療の特徴

  • 爪の両端にワイヤーを引っ掛けて巻き上げることにより、爪の両端を広げます。
  • 装着時の痛みはほとんど無く、局所麻酔は不要です。
  • 爪が伸びるとともに、巻き爪矯正ワイヤーも爪の先に移動します。
  • 爪の先の白い部分まで巻き爪矯正ワイヤーが移動すると、自然にとれます。
  • 巻き爪矯正ワイヤーの装着期間は、2〜4ヶ月で、爪の伸びる早さにより個人差があります。
  • 日常生活への支障はなく、施術当日より入浴やスポーツも可能です。

病院紹介

渡町台外科病院

0972-22-7500

〒876-0813
大分県佐伯市長島町3-13-12

詳しくはこちら

診療時間
午前 8:30~12:00
午後 14:00~17:30
休診日
木曜午後、日曜・祝日
診療科目
内科、外科、肛門科、循環器科、消化器科
痔外来、乳がん検診、巻き爪治療、各種手術、各種予防接種

  • 医療関係者の方へ